赤ちゃんを授かるサポートをします!

2019年10月30日サイト開設

2021年9月30日最終更新

理念

当サイト「精子提供 未来への一歩」の理念は,子どもを持ちたい!と希望される方が安心してそれをかなえることを応援することです。

子どもを持ちたいと思う気持ちは,個人の意思として尊重されるべきです。「リプロダクティブ・ライツ(性と生殖に関する権利)」の概念が1994年のカイロの国連会議(国際人口・開発会議)にて提唱され,受け入れられつつあります。

リプロダクティブ・ライツの中には,以下の項目が含まれます。

  • すべての個人とカップルが、子どもを産むか産まないか、産むならいつ産むか、何人産むかを自分自身で決めることができること
  • 誰もが妊娠・出産、家族計画、性感染症、不妊、疾病の予防・診断・治療などの必要なサービスを必要な時に受けられること
  • 当サイトは,子どもをほしいと思ったときに気軽にサポートを受けることができることを目的としています。

    主に不妊に悩む方を対象として精子提供を行っています。

    病院を介することのない個人間提供となります。精子提供に当たり,依頼者様の安全とプライバシーに最大限配慮しています。

    次の記事もご覧ください。

    不妊に悩む方が個人間精子提供を受けるべき3つの理由と依頼の際の注意事項

    選択的シングルマザーとは?

    ボランティア活動内容

    当サイトは,何らかの理由で子どもを持つことが難しい方に対して,精子の提供を行っています。精子提供の相談をされる方は,こちらのフォームから連絡ください。

    プライバシー

    当サイトは,個人を特定できる情報を取得しませんし,こちらから尋ねることもありません。それにより,依頼者様のプライバシーを守ります。当サイトは全て一人で運営していますので,第三者から情報が漏洩するということもありませんので,ご安心ください。

    費用

    精子提供は社会貢献を目的として行っておりますので,金銭のやり取りは発生しないことを方針としています。AIDの場合と比べて,大幅に費用を減らすことが可能ですので,子どもの養育にその資金を投じることが可能です。実費については依頼者様の負担となります。

    提供の流れ

    フォームによりお問い合わせ頂いた後,まずは喫茶店等で面談し,事情をお伺いします。精子提供をすることとなった場合には,ドナーの検査証等を提示のうえ,希望の方法により提供します。待ち合わせ及び面談は人通りが多い場所で行い,安心して提供を受けられるようにしています。

    事務所を経営しており,都合が合えば平日の昼間であっても待ち合わせいただくことが可能です。

    ドナーの情報

    私は東京大学を卒業し(学位記の画像をアップロードしました),会社勤務中に国家試験に合格し,それを活かして事務所を経営しています。健康で持病はありません。高校時代は山岳部で冬山登山をしたこともあります。

    外見は普通です。目は二重で,体毛はほぼなく,頭髪は濃いです。

    身長は180cmで,標準体型です。血液型はB形です。年齢は42歳です。

    妻と子供3人がいます。活動について妻の承諾は得ています。

    以前住んでいた場所ではベランダ菜園をするのが趣味で,現在も観葉植物を育てています。

    卒業した大学の学部は法学部ですが,数学がとても得意でした。親族も数学が得意ですので,この特徴は遺伝すると思います。

    精子の質については,2020年2月7日に検査したところ,基準を大きく上回っていました(精子検査の結果をアップロードしました)。妻は避妊を止めてから2か月以内に妊娠し続けています。

    風俗に行ったことはなく,妊娠を目的とする場合以外はコンドームを使用してきたため,今まで性病になったことはありません。2020年2月6日に念のため検査したところ,いずれの項目も陰性でした(性病検査の結果をアップロードしました)。

    タバコは吸わず,お酒も飲みません。ギャンブルもしません。

    親族は,がんに若くしてなった人はおらず,長寿で健康な一族です。遺伝子疾患等も把握する限りありません。

    公私とも,人の気持ちを考えて行動することを普段から心がけています。

    子どもを持ちたい気持ちを持つ方の力添えになれればと,個人で精子提供のボランティアを始めることとしました。

    精子提供の依頼,相談をされる方は,こちらのフォームからお願いします。

    実費について

    シリンジ法で提供を受ける際の必要な器具は自身で用意下さい。7,000円程度で購入できますし,希望であれば購入可能なサイトを案内致します。

    提供方法

    精子提供方法は,シリンジ法です。その他の方法をご希望の場合は,別途相談ください。

    提供の回数制限はありませんので,何度でも提供を受けることができます。

    子どもへの告知と出自を知る権利について

    AID等で生まれた子供が自分の血縁上の父親に会いたいという気持ちを尊重するために,「出自を知る権利」が認められる国が増えています。依頼者様が子どもに対して,精子提供で生まれたことを伝えるかどうかは,依頼者様の判断にお任せします。子どもが告知を受け,又は何らかの理由で事実関係を知った場合,依頼者様を通して,お子さんからこちらに連絡して会うことが可能です。

    最後に

     

     

    ©2019 精子提供 未来への一歩